義父が息子にデキ婚をすすめた理由とは。

 
 僕と伴侶は二年くらい同棲していました。
 僕が高知で伴侶は茨城。という遠距離恋愛で、メール恋愛だったので顔も見たことなくて。
 ワープロで写真を送りあうことができなかった。
 今思えば郵便があるだろと自分たちに突っ込みたい。
 
 というわけでメール内で顔も見ずに同棲することを決め、顔合わせは同棲決まった後。という思い切りぶり。
 初めて顔を見た時に、パパ彼に命狙われたりなんだりというドラマがあったんですが省略。
 やくざ家のおぼっちゃんだったからなあ。パパ彼。カタギやってたけど。
 そんなひとの愛人(一番愛してる愛人という自負はある)寝とったなんて、よく生きてたな。と僕も思います。
 まあそんなこんなで、パパ彼にも認めてもらって同棲。
 そんな中、義父が伴侶(長男)に
「子供はできないのか」
といったそう。
 伴侶は
「結婚してないし」
と言ったら、
「デキ婚にもっていったら、嫌でも結婚しなきゃならないだろ」
 ・・・僕、伴侶から聞いて絶句。
 義父から
「息子と結婚してください」
と言われるならわかりますよ。ええ。
 だけど、子供作らせて逃げられないようにしろなんてクズの言い分。
 僕はデキるのと(避妊はしてたけど100パーセントではない)結婚は別物。
 子供ができたからと結婚するタイプじゃない。
 伴侶はそれを知っていたんですけどね。
 
 伴侶の弟は学生時代にデキ婚。
 兄弟でデキ婚なんてどんだけ下半身が緩いんだ。
 世間的に恥ずかしいだろ。それ。
 
 義父は息子である伴侶はモテないと思っていた様子。
 一度失敗してるしね。
 逆ナンありのナンパ三昧のナンパ師なんですけど。
 当時はナンパ最盛期だったし。

 まあいろいろと人を見る目がない義父なのですが(自分のことを器が大きい男だとか言い出す。家族は失笑)、義父が息子にデキ婚を進めたのは息子のことを心配して・・・ではなかったようです。
 いろいろ話を聞いていて、総合した結果。
 息子のためじゃなく、自分のためじゃん。にいきつきました。
 弟が結婚した時、デキ婚だから相手のご家族に結婚の申し込みに行ったそうです。
 ってデキ婚だからって・・・デキ婚じゃなくてもちゃんとした親は行くものでしょ。はナシで。
 その時にどうやら「息子のために頭を下げる父親」役に酔いしれたみたいなんですね。
 それがまたやりたくて、伴侶に「デキ婚しろ」と言っていた様子。
 なぜそう思ったのか。弟のデキ婚申し込みの話を何度も何度もするから。よっぽど楽しかったんだろうなと。
 息子のためじゃなく、自分が酔いたかったから。
「息子のために頭を下げる尊敬される父親」役をやりたかったから。
 ・・・いや誰も尊敬してませんけどね。妄想は自由ですから。
 実際は伴侶の結婚の時には僕の両親に挨拶もせず。それで
「常識がある人間だ」
と言われても僕も困るのですが・・・。
 常識がある人間は息子に「デキ婚しろ」とは言いませんよね。
「同棲もなんだから、ちゃんと結婚したらどうなんだ」
とはいうかもしれませんけど。
 
 結局自分が自分の酔いたいから、息子の人生利用しようとしたわけなんですよねー。
 いろいろと見苦しいし勝手だしアレなんですけど、義母が良い人なのが救い。
 義母が万が一先に逝ったら、二度と実家には帰らない。と伴侶。
 女(義母はじめ嫁3人)たちが一斉に葬式の話と資料を集めだしたのは、ちょっと笑いました。
 
 年取って家族に「早く逝け」と思われるような人生は歩かないようにしたいと思います。はい。